防災訓練

愛知豊明花き地方卸売市場では万一の災害時に備えて毎年防災訓練を実施しております。
2000年9月に起きた東海大水害では当市場も床上浸水に被害に遭い、同週の競売を中止せざるを得ない事態に陥りました。
またいつ起きても不思議ではない東海大地震に備えて日ごろから防災に対しての意識を高めておく必要もあります。

水害翌日の市場内
水害翌日の市場内
床上浸水した事務所
床上浸水した事務所

2015年2月26日に行った第5回の防災訓練は愛知豊明花き地方卸売市場内の企業に勤める社員のみならず出入り業者なども含めて総勢120名の参加となりました。
参加者は事前に役割分担が決まっており、豊明市消防本部の消防署員の方々にご指導をいただいて通報、避難誘導、消火の実施訓練を行いました。

消火器班の訓練
消火器班の消火訓練
消火栓班の放水訓練
消火栓班の放水訓練

また実際に災害を体験し、あるいはその対策として毎年異なった訓練も実施しております。
これまで行ったものは煙体験、地震体験、AED訓練、―搬送訓練です。

訓練の最後には消防署員の方に講評をいただき、訓練の反省や今後の課題などを協議しております。

煙体験
煙体験
消防署員による講評
消防署員による講評